潜って、浸かれる

伊豆大川の「礒の湯」

今回は昨日の続きのようなもので、伊豆大川の隠れ家的温泉「礒の湯」について。当店「伊豆とくさんのダイビングサービス」は、よく伊豆大川へダイビングに行くことが多いのですが、大川でダイビングをしたら100%、いや120%の確率で、すぐ隣にある、大川温泉「礒の湯」に入ります。入らない日は、まじで無い。礒の湯の番頭のお母さんの計らいもあり、ウェットスーツを着たまま、脱衣所まで行くことが出来ます。水着になりたくない方など女性には嬉しい気遣い。

大川温泉「礒の湯」

静岡県賀茂郡伊豆町大川字浜田31-1  営業時間11:00~18:00  定休日:火曜日 料金¥500  源泉名:銀水(大川21号)  泉質:ナトリウム・カルシウム‐塩化物・硫酸塩泉  泉温:73.3度

伊豆では珍しい濁り湯。塩分強め系の温泉。ごちゃごちゃと人がいなく、ゆっくり温泉に入りたい人におすすめ。

大川温泉「礒の湯」さんへの行き方は、
車の場合は国道135号線沿いにある、ローソン東伊豆町大川店を越えたらすぐ右側(熱海方面からの場合)に「大川温泉」って書いてある丸いおっきな看板が目印。国道から右に入って、5差路っぽくなっているんだけど、そのまま国道沿いの道を進む。

大川温泉入口

そうすると、地下に続いている秘密の階段が出現。

地下へと続く秘密の階段

車は地下への階段の向こう側にある駐車場を利用。

大川温泉駐車場

電車の場合は、伊豆急行線「伊豆大川」駅で降りたら、海の方へ向かう道が一本あるから、それを下って行くとさっきの五差路にでるよ。車を止めたら、さあ、準備はいいかい。秘密の階段を下って礒の湯へ向かうよ。

階段入口

ここまで来ると、川の流れる音が大きく聞こえてくる。

道が有る!

ちょうど人が一人通れるくらいの幅だ。わくわくしてきたぞ。

一本道

トンネルの高さは、かがまなくても通れるくらい高い。先に見えてる光を目指し、トンネルをずんずん進む。

見えてきた

さあ、トンネルを抜けた先は!!

広がる海

広がる海

ばーん!と視界が開け海が広がる。水平線の向こう側まで見えそうなくらいだ。

相模湾の海

そしてトンネルを抜けて右に行くと、礒の湯(裏側)にたどり着く。

抜けた先には

大川温泉「礒の湯」

番頭のおばあちゃん(たまに男の人)に¥500を支払い、温泉へ。

脱衣所

中は脱衣用のカゴがあります。タオル等はありませんので、持ってきましょう。

礒の湯 お風呂

カランがひとつ。シャワーもひとつ。シンプルでいい。

礒の湯 お風呂

オーシャンビューの露天風呂。

ちなみに、礒の湯さんの屋根の上から、赤いランプが伸びているんだけど(写真1枚目参照)、このランプが光っていれば営業中。国道からも見えるので、行くよって方は要チェック。

伊豆とくさんのダイビングサービスでは皆様の楽しいダイビングをサポートさせていただきます。
伊豆でダイビングなら『伊豆とくさんのダイビングサービス』!初めての方、大歓迎!当店の7割のお客様がダイビング初めて!ネットダイバーズスクールGOLD店舗認定!スクールならお任せ!

伊豆 とくさんのダイビングサービス
静岡県伊東市八幡野1186-32
℡ 0557-48-6590

Comments are closed.